金融機関からお金を借りる時に気を付けなければいけないのは、どのくらいの金利で貸してもらえるかということです。当然ではありますが、金利が低ければ低いほど、返済する総額は少なくなります。それではどこで借りれば低金利のキャッシングが可能なのか見ていきましょう。

丸井が運営するエポスなどの信販系の金利は、どこも横並びで年利18パーセントくらい取られますので、あまりオススメできません。最近低金利のキャッシングで注目を集めているのは、みずほ銀行や東京三菱UFJ銀行などの大手銀行系のキャッシングサービスです。

金利は各社ばらばらですが、だいたい4パーセントから14パーセントの中に納まります。それでは自分がどの金利で借りられるかというのは、借りる人の信用度によって変わってきます。会社員で勤続年数が長い人は信用度が高いので限度額も高くなり、低金利のキャッシングが可能になると考えられます。

これらの低利のキャッシングは、審査がとてもスピーディーに行われます。必要書類を提出すれば30分から1時間で融資可能かどうかの連絡がきます。お金を借りなければならない時というのは、急を要する時が多いので、借りる側にとっては非常にありがたいことです。また引き出しのできる場所は、ローソンやセブンイレブンなどのコンビニのATMですので、便利ですし、なんと言いましても恥ずかしくありません。プロミス専用のATMを利用して外に出て人と会ったら嫌ですよね。あっこの人消費者金融からお金借りてるという感じで見られますので。それがATMで引き出せるなら銀行に預けている預金を引き出しているように見えてなんの後ろめたさもありません。

低金利のキャッシングの中で私が特にオススメするのは、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」です。これは主婦の方やパート、アルバイトの方でも申し込み可能です。収入証明書の提出条件も101万円以上のものから受け付けています。他社のカードローンだと200万円以上が一般的ですので、間口の広い低金利のキャッシングだと思います。また三菱東京UFJ銀行が運営しているカードローンですので信頼度が違います。闇金などの違法な取り立てを受けることはないでしょう。オススメします。